cocoaのつれづれ日記 やりたいことやらせたいけどね

プロフィール

cocoa1974

Author:cocoa1974
昭和の頑固親父のような夫とのんびりやなのに短気の私、
飛行機オタクの高2長男と自称天才!中3次男の4人家族の日記です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

いくつになったの

いくつになったの

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりたいことやらせたいけどね

先日、植松電機の社長さんの本を母からもらった

以前、講演会で聴いた内容そのものだったんだけど
なんだか懐かしく読ませてもらった

「どうせ無理」って言葉、この講演を聴く前だけど
過去に言っちゃったことあるんだな

子供がやることを否定したことも正直あるし

自分も大人に言われたことあるから
非常に共感出来る部分はある

諦めないで自分のやりたいことやり通せたら一番いいのかもしれないけど
それをするにあたって「ただなんとなく」「楽しいから」という理由だけで
続けさせてもいいものかと思うんだ...

とりあえず今の我が家で選択に迫られてるのは
次男の水泳だよね

やらせてあげたいけど
金銭的な負担、高校との両立、送迎などの親の負担
コーチの問題

次男から話を聞いてる限り
彼が続けたいのは「大会に出たい」と「仲間と居るのが楽しい」
だけだと感じるんだよね

コーチとの関係も「それでいいの?」と思うしね

会場使用料の為だけに月謝を払ってる訳ではないんだわ〜

タイムも速くはなってきてるけど
そんなでもないし

「とりあえず夏で区切りつけたら」と思うんだけど
さて、どうやって伝えるか...

本人の話を先ず聞いてなんだけどね〜

ほんとに好きなら、速くなりたいのなら
もっとのめり込むと思うんだけど
そうじゃないんだよなぁ

高校生活、違うことにも時間を使ってほしい...のが本音

やっぱり本人の意思を尊重したほうがいいのかな

無理矢理辞めさせたら勉強も投げ出すかな?とかいろいろ考えてしまい

まだ言い出せずにいます

夏で区切るならそろそろ話しておかないと
心の準備もあるよねぇ?

もやもやの春休みが続いてます(爆)





スポンサーサイト

コメント

難しいですよね

こんにちは。
空想教室の方ですか?
TEDを私も見たのでなんか思い出します。
どうせ無理、ってやっぱり言っちゃうな~って思います。
私のママ友も水泳をいつやめさせるか悩んでいたので思い出しました。
そういう決断のときって難しいですよね。
うちもコナンがテニスを辞めるときは、最後に私たちが
「やめさせた」っていう感じになって、それに対して夫も
「本当にそれでいいのか?」って結構に悩んでました。
でも、私は本当にやりたいなら
「送り迎えなしに行く」って言うだろうし「やらせてください」
って土下座までいかなくても必死に頼むだろうし、と思って
結局最後にはそれがないってことは思いが強いわけではないと思って辞めさせました。
そういう意味では母親の方がドライかな?
でもやっぱり辞めた後には何も言ってなかったです。

けど、周りのご家庭を見ていても大体いろんな決断の場面で
やっぱりお母さんの結論が結果として正しい感じがします。
お父さんの考えは結局のところ理想論ってことなのかな?
って思ったりします。
みんなにとって納得の結論が出るといいですね。

ありがとうございます

コナンくんのテニスの話やママ友さんのお話参考になりました。
ありがとうございます。

どうしても水泳は大会会場の関係で平岸はまだいいですけど、野幌は交通機関も朝早くにはないので親の送迎は必須なんですね。
うちは私が運転してないので、練習も夏場は自転車、冬は行きはバスなんですけど他の御家庭はびっちり母親が、時には父親が送迎して頑張ってます。まずその体制から我が家だけ違うという環境でかわいそうなんですけど、それでもやりたいならということでなんとか続けてきました。

高校は遠いところになりそうですし、いろいろ考え中ですが
いろんなことを考えても今が辞め時かな?次男にも今後の人生についてしっかり考えてもらわないとスポーツで学校へ行く訳ではないのでね....

辞めたら辞めたで違う方に興味が行くような気がしてますが、長男と違いまだ諦めきれないみたいなのでまだまだ悩む期間が続きそうです(汗)

さるみみさんの言うように本当にやりたいならこちらの要求してる勉強面でも頑張れるし、土下座してでも頼んで来ると思うんですけど、自分で「どうせ認めてくれないんでしょ」と諦めて楽な方に楽な方にといくので「その程度なんでしょ」と思うんですよね。同じですね〜

植松さんのは「空想教室」です。数時間で読んでしまいました。
次は子供たちの番です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。