cocoaのつれづれ日記 長男の初レッスン&二男の体験レッスン

プロフィール

cocoa1974

Author:cocoa1974
昭和の頑固親父のような夫とのんびりやなのに短気の私、
飛行機オタクの高2長男と自称天才!中3次男の4人家族の日記です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

いくつになったの

いくつになったの

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男の初レッスン&二男の体験レッスン

スイミングスクールにバスを使って行ってきました

最初は少なかったけど、バスが進むに連れて
たくさん子供たちが乗ってきて最終的には23人に

国道を走れば早いけどあちこち周りながらいくので
うちがバスに乗ってからスイミングに到着するまでに20分乗ってました

二男は「酔った」というし、もうすぐつくというのに目が閉じそうになっていて
「こんなんで体験できるのか?」と思ったけど
なんとか目覚め、いちおうやる気があったので無事体験レッスンを受けてきました

長男は初レッスンということでコーチの見極めがあり1級になりました~
目標は200m個人メドレーのクラス

レッスンノートというそれぞれの級のポイントや記録を書けるノートを買わされるんだけど長男の場合それの一番最後の級なので損した感じ

1級の上は0級というらしく、そこのクラスになると自分で種目を選びタイムをどんどんあげて行くクラスのようです

二男もひとまず体験したけど見極めもしてくれて16級なんだとか
そこは50mのクロールの練習クラスなんだけど
ターンはタッチターンと言って手をつくだけの簡単なターンで50m泳げば良いようです

回転するターンをいきなりマスターか?!と思っていたので一安心

回転するターンは25mクロールのタイム制限付きクラスで習うらしい

スイミングスクールによってずいぶん勝手が違うなぁ
平泳ぎの足の教え方も全然違っていたし、タイム制限もこちらのほうが緩やか~

二人とも楽しんでいたので二男も来月から通うように手続きしてきました

帰りはやっぱり7時なんだよなぁ~
週2回にするとちょっときついような気もするし...
ん~、どうしましょうか
スポンサーサイト

コメント

続けることに

したんですね。
よかったじゃないですか~♪

様子が違っても、やめちゃうのもったいないなぁと、勝手に思ってましたから、がんばってねと応援してます。
19時、おなかぺっこぺこですね(笑)

プールの違い

札幌でうちの子が乗っていたバスもそのくらいの
人数になってました。バス停が最後の方だったので、
行きは5分程度でつくんですが、帰りは30分以上
乗って帰ってきてて、やっぱり疲れて帰りは
寝ていることもありました。
最後なので、運転手さんも覚えていてくれて
起こしてくれるので問題ないんですけどね。
プール間の違いはやはり大きいですか。
うちもレッスンファイルありますよ~今個人メドレー
100メートルのクラスにいますが基準タイムも厳しくて
既に弱気モードです。
うちは東京でも同じ系列のプールに通っていますが
やっぱり微妙に指導方針とかも違ってこっちの方が
もっと早くから選手になりそうな子を探してるって
雰囲気ですね。やっぱり東京だね~って言ってます。
弟くんも頑張ってね!
やっぱりcocoaさん毎回付添ですか?


akeさんへ

私は違う事でも良いと思っていたんですが
旦那が強く希望しました。
体験してみたら長男はかなりやる気を取り戻し本人の希望で続ける事に。帰りのバスまでの待ち時間におにぎりとか食べて空腹を満たしてます。

さるみみさんへ

バスの人数が多くて最後の方はすわれない子もいたので
(補助イスを出せば座れるけど、後少しだからか立ってたんですよね...)慣れたら子供たちだけで行ってもらおうと思ってます。大人は全然乗ってないのでね~。

ほんとは同じ系列に行ければ良いのでしょうけど、前のプールは北海道は札幌に一カ所、函館に一カ所しかなかったのです。

どこまで続けるかわからないけどとりあえず二男が平泳ぎが泳げるようになるくらいまではつづけさせたいです。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cocoa1974.blog48.fc2.com/tb.php/476-39135989

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。