cocoaのつれづれ日記 やっぱりそうでした

プロフィール

cocoa1974

Author:cocoa1974
昭和の頑固親父のような夫とのんびりやなのに短気の私、
飛行機オタクの高2長男と自称天才!中3次男の4人家族の日記です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

いくつになったの

いくつになったの

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりそうでした

昨日、病院へ行ったら旦那に「糖尿病」の診断が

ショックです

食事、かなり気を使って作っていたんですけどね

毎日弁当を持たせていたし、家では控えめにしていたつもりだけど
食べたいときに食べさせていたということも確かにあるし
ストレス満載の仕事だし、義父は糖尿だし、たばこは年末にやめたけど
その前はストレスで仕事の移動中の車の中で相当吸っていたようだし

なる可能性は盛りだくさんだったんでしょうね

そして一応、「糖尿病専門医」のいる診療所へ行ったけど
昨日は私はついて行きませんでした

そしたら「奥さんは?』と医者に言われ
今日はついてきてないです。というと
「次回は必ず連れてきて」と言われたようなんだけど
それはそれで構わないけど
「食事のことはかみさんに言ってくれ」と言われたら
栄養士は患者に食事指導しないのか

一通り食生活の流れを旦那に聞いたのであれば
具体的に「これをこれくらいを目安に食べて」とかアドバイスの一つでも
しないのでしょうか

確かに作るの私だけど...
家に居ないことが多い旦那なんだから本人に説明しないで
「食事療法してください。ジュースや糖分はやめてください」だけなんですから

とりあえず昔の臨床栄養の教科書をひっぱりだし
「ああそうだ」と思い出しながら
食事療法の本を参考に分量を確認したけどさ

次回の診察で血糖値が下がったかみたいのであれば
それなりに本人に話しをするなり
「これ、奥さんに渡して下さい」と食事療法の基本資料でも
くれればいいのになと思った私です

旦那は「妻が栄養士」だとは言わなかったようなので

私も栄養指導を受けてきましょうか

どんな風にすすめるのかちょっと楽しみだったり
いろいろ突っ込んで聞いてみましょうかね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cocoa1974.blog48.fc2.com/tb.php/725-ad70fb5d

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。